上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.09.23 sabbia rosa


女性以外も見ているであろうブログでこんな事書くのもなんだけど、初めてでもないし、綴ってみようと思います。



地元の幼なじみが、ランジェリーショップで働いているのですが、
彼女の影響もあって、最近はお洋服をチェックするよりもランジェリーショップでインナーを探す事の方が増えてきました。元々、ブラシェールとスキャンティのセットで2000円以上は出さない!という妙な主義を持っていたのですが、今となっては100%間違ってたなぁとつくづく思っております。
ぶっちゃけ、たとえ500円のTシャツを着たとしても、インナーだけはきちんとしたものを着るべき。
お金をかけるべき、という考えに変わりました。
いやらしい事を言うつもりも下品な話をするつもりもなくて、単純にたしなみとしてきちんとした物を身につけるべきだと思うのです。
で、購入する時はきちんとサイズチェックもする事に。


何だろう。
元々母親がランジェリーにお金をかけてくれない人だったので、大学に入る迄定期的に新しいものをっていう概念が凄く乏しかった。
けど、絶対それってもったいない事してるわ。
今だったら絶対いやだ。




あと、ブラシェールとスキャンティが別(つまり上下バラバラ)ってのもあり得ないと思う。


一人寝だったら、綿パンにキャミという出で立ちがベストだけれど(実際の着心地からして)、
日中普段着るインナーくらいはそろえようよと思う。
というか、そろえるのが常識だと思ってた。
実際、私の周りもセットで着るのが当たり前って子がほとんどだったし。
意外とバラバラで着る子も多いみたい。
もったいない。


欲を言うなら、スリップやキャミとかベルトなんかも1セットだと尚いいと思う。
今は1セット5000円が限界だけれど、お金に余裕が持たせられる様になったら、インポートのきちんとした物を少なくとも1セットは持っておきたいなあと思う。


夢は、いつかフランスのパリに行ったら、sabbia rosaで素敵なランジェリーを見繕うんだ。
エレガンスでエロティック、可憐だけれど、どこか暴力的。
そんな魅惑の詰まったランジェリーショップ。


今のところamo'sとかロリアンミルにたよりっきり(苦笑)だけれど、
なかなか気に入った柄で自分にあったサイズを見つけるのも難しいけれど、
(Dカップ迄は大抵そろっているのに)
ランジェリーは楽しい。
ネイルカラーはランジェリーに合わせるもの。
ファッションセンスさえ皆無だけれど、
下着くらいは周りの子には負けないくらいのこだわりを持ってみようと思う。


「安易な下着をつけるのなんて赦せない」って言える女目指します。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。