FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


心と体が別のところにあるみたい。
そんな日々が続いています。
なんだろう、心細くなっちゃったのかな?


今年、というか地震以降の私はなんか凄くダメダメです。
ここまで人間ダメ人間になれるのかってくらいにはダメダメです。
精神的なダメダメですね。


どうしても、私という人間は今迄心の拠り所というものを持たずに来てしまったためか、
心の軸が折れやすいみたい。
決して弱くはないのだけれど、
ふとした瞬間にポキッと折れてしまいます。


そのうちバッキバキになってしまいそう。



私は元々冷えた家族の中で育った所為か、
人との距離感がイマイチ分からないんですよね。
両親は、確かに私に人並み以上の愛情を持って育ててくれたのだけれど、
同時にひどい仕打ちをされたこともあったし、
どうしても、子供心にはこちらの方が深く心に刻まれてしまうみたい。
だから、「どうせ他人なんて、信用したっていつかは裏切られるもの」っていう確固たる固定観念が私の中には根ざしてしまっているみたいです。
友情にもしかり。
だから多分、私は人を信用できないのだと思う。
だからすぐに不安になるし、
そこから脱却できない事にジレンマを覚えてしまうのかもしれない。


大学に入ってから2年間、私がやった事は「一人でいられる強さを身につける事」だった。
だけど、思ってた以上に自分て強い人間じゃなかったみたい。
いくら心で強がってみても、
最終的に弱さが身体に現れてしまった。
ばかだなぁって思うけれど、どうにも自己管理が出来ていないみたい。
実際その通り。


マイナス思考を続けるのは辞めようとずっと思ってて、
最近は落ち込み始めたら思考を停止する様にしている。
考えない、感じない。
自分さえ分からなくなってしまうのだけど、
心の痛みを感じなくて済むのは精神的にはずっと楽なんだ。


こうしてるうちに、私は自分の心を殺して行くのかもしれない。


なんだかんだで私は将来に希望を抱いていないのだろうな。
私の将来像には誰かと一緒になって生きて行くなんてことは思い描けないし、
今想像できる自分と言えば、
30になっても一人で居続ける自分くらい。
それがいいのか悪いのかは分からないけれど、
理想像ではないね。


寂しさとか、そういう感情よりも、
空虚、と言った方がいいかもしれない。
大学に入ってから感じる様になったこの感覚を。

生まれてから死ぬ迄を、人の一生と呼ぶのならば、
死期の選択を自分でする事で、その一生を我が物とすることが可能なのでは?
惰性のままに生を享受し続ける事が、苦痛に感じてしまう間は、
己の生に対してポジティブに向き合う事が困難だ。


ただ一つ言える事と言えば、
人間は一人で生きる事が出来る程、
強くは作られてはいないらしい。

ならばせめて、自分との価値観を共有できる存在がいるならば、
と追い求める行為は、なんだかんだで人間らしいといえば人間らしいのかもしれない。
多分、強さを求める上で一番の近道なのかもしれない。
同時に、イチかバチかの賭けなのかもしれないけれど。


だけど、自分が自分である以上、他人と100%の価値観の共有はあり得ない。
だから、どんなに頑張っても、所詮他人は他人でしかあり得ないのだ。
それでも、そこを割り切ってさえしまえば、
何にも代え難い安心感を得る事が出来るのかもしれないね。


精神的な観点から見れば、
私はもっと、強さを身につけるべきかもしれない。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://runoruna.blog.fc2.com/tb.php/122-df0ad29d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。