上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近よく街に繰り出す様になりました。


仕事と自宅との往復から抜け出して、ちょっと外の世界に触れたくなったのかもしれません。先日、遠方から来てくれた方と、久しぶりに東京の色んな街を散策することができました。
ずっと居るとまるで当たり前となってしまう風景ですが、改めて自分の足で歩いてみると、新しい発見があるので、なかなか貴重な機会に恵まれたなぁと、気分よく有意義な時間を過ごすことができました。


大好きな上野公園にも何度か足を運び、ちょっとこころが洗われたような気がします。


さて。
今日は渋谷と原宿、表参道、そして新宿へ参りました。
渋谷の『リスペクト』というお気に入りのカフェでランチをしました。
以前、予備校の友人に教えてもらって以来、何度か足を運んでいます。
今日食べたのはチキングリルのワンプレートランチ。


110824_142202_ed.jpg


味が濃すぎず、とても美味しくいただきました。
ランチの後は、そのまま明治通りを原宿方面に歩き、久しぶりの竹下通り散策。
昔無くしてしまった猫のリングと、レトロなノートを購入しました。
ここ最近の流行からでしょうか。
パリ風と言いますか、レトロな小物が多く売られているので、うれしい今日このごろです。


110824_224538_ed.jpg


先日、2012年の手帳も新調しました。
一番右手に写っているもの。
コラージュでパリがデザインされていて、一目でこれにしようと思った物です。
去年はなかなか気に入った手帳に巡り会うことができず、無印良品で購入した物を、シールとマスキングテープを使って自分でアレンジして使っていました。
どこか、眠りの世界の羊をイメージして。

友人達になかなか好評で、急場しのぎのつもりが、丸一年お世話になった次第です。
手帳を所持するようになってから、今回ので4冊目。
手帳は全て手元に残しているので、予定の他にちょいちょい落書きがあったりして、見返すとなかなか面白いですね。


原宿の後は、新宿へ行って、友人と別れた後は紀伊国屋とジュンク堂を徘徊。
やはり、書店としてはジュンク堂の品揃えの方が好きですね。
岩波文庫の在庫が豊富だったので、一通りタイトルをみましたが、なかなか自分の欲しいものは文庫にはなっておらず、ちょっと残念でした。
新潮文庫で室生犀星の詩集を発見できたのはうれしかったけれど。
できれば、山村暮鳥の詩も文庫で出ていてくれると、普段から持ち歩くことができるのでうれしいです。


元々は、加藤千恵という最近の歌人の本を探しに行ったのですが、どうやら絶版となってしまったのか、歌集を買い求めることはできませんでした。最近は、小説の文庫がよく出版されているのですが、私は短歌の方を読んだことが無かったので、ずっと探しているのですがなかなか出会う機会に恵まれません。
大学では印象としては堅い、近代の詩ばかりを読んでいるので、彼女のような現代女性の思いをストレートに今の言葉で表現している作品が読みたいなあと思うのです。


いつか出会えるといいな。



もうすぐ夏も終わりますね。
ついさっき始まったばかりのような気がしていたのに。
せっかくなので、夏の始まりを思い出そうと思います。
6月の、あじさいの写真はいかがでしょうか。

大学の正門には、毎年6月になるとこのようにアジサイの花を展示していたりします。
この正面階段から見る、大学が好き。


110609_133848.jpg


奥に立つのは学祖の井上円了先生。
うん。
地味だけれど、私にはこの大学が居心地のよい場所なのです。



まだ暑い日が続きますが、短い夏を存分に楽しもうと思います。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://runoruna.blog.fc2.com/tb.php/88-00ba8afb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。