上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.08.25 閑雅な食慾。



食欲の秋が近づいていますね。
私の食欲も、同時に戻ってくるといいなぁと切実に祈年しています。 
夏だからでしょうか、イマイチ食欲がわかず、一日一食という非常に肉のつきやすい生活スタイルが定着しつつあります。ダメですね。もう少し、自炊にも気を配って、食べ過ぎることもなしにして、きちんとした食生活を心がけて行きたいところです。


大学1年生の頃は、割と自炊にハマっていたのでよく料理をしていました。
得手とは言えませんが、レシピさえあればある程度の物は作れます。
最近作ったと物と言えば、キムチチゲ位でしょうか。
基本的には簡単に作れて野菜のたっぷりとれる物が好みです。


110824_002426_ed.jpg



1年生の頃と言えば、好みの食器を買ったり、色んな調味料を試してみることにもハマっていました。
例えば、今私のキッチンには、その時に気に入ったものばかりが並んでいます。

・アルペンザルツの岩塩
・深層海塩ハマネ(海塩)
・ラニエリのエクストラバージンオイル
・カルボネールのピュアオリーブオイル
・創味の白だし
・菊水の辛口(料理酒として)
・マイユの粒マスタード
・トラメシーノのグレープシードオイル(サラダ油として)
・キューネのフライドオニオン
・湯浅醤油


この辺りはもはやこだわり。
切れたら必ず同じ物を購入すると決めているくらい。


色々試してきたので、無駄になった物も多くあったけれど、お気に入りが早くに見つかったので後悔はしていません。この他に、ミルでひいて使える黒こしょうと岩塩も常備しています。
やっぱり、食卓塩や、既に細かくなっている胡椒よりも段違いで味が変わります。


これらの調味料には普通のスーパーでは手に入らない輸入商品もあるので、カルディ・コーヒーファームにはよく足を運んでは、買い足したり、新たなものに手を出したりしてます。
食材の質は、資金的な都合であまりお金もかけられないので、最低限のラインでできる贅沢と言えば、この辺りをこだわることだと思うのです。


料理を作るときはほとんどネット頼み。
レシピ本は2冊しか持っていません。
一冊は、上京して初めて料理をした時に買った基本の本。
もう一冊は、私の好きな料理家さんのレシピ本です。
1コンロでできる世界の料理を紹介してて、とても参考になります。


そう、私、大学生になるまで全く料理したことありませんでした(苦笑)
家で料理を作って食べるという習慣があまりにも薄い家で育ったので、舌は肥えても、腕はあがらないという環境だったのです。


今は作るのが大好き!
人に食べてもらうのはもっと好きです。


食材はこだわらない、と言いましたが、大学に入ってから一つだけこだわり続けている食材が。
それは、「梅干し」です。
私は蜂蜜の入っているような、甘い梅干しは苦手。
あまり酸っぱくない梅干しもしかり。
塩っぱい酸っぱいと思えるような昔ながらの梅干しが大好きです。
塩分18%くらいの。


色んなスーパーや専門店に行っては試食したり実際に買ったりしてるのですが、なかなか好みの物には出会えません。
一度、「これだ!」と思えたのが、箱根にある村上二郎商店の3年もの中粒です。
あれは本当に美味しかったw


でも、なかなか箱根には行けないし、200gで1200円ほどするので、なかなか手が出ないのも事実。
次に箱根に行った際は、絶対買ってきたい。


梅干しとごはんだけで夕食をすませちゃう、なんてことがしばしばの私には、無くてはならない食材。納豆や豆腐と同じで。


今週は鶏肉と野菜が冷蔵庫に入っているので、チキンの悪魔風を作ろうと思います。
こしょうがピリっと効いていて、とても美味しいんです。
あ、でもまずはフライパンを買わないとね。


料理は楽しい。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://runoruna.blog.fc2.com/tb.php/89-fd548a16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。